夫婦の体験談
名前
題名
コメント
この掲示板は体験談の書き込み専用です。書込みに対しての返信はしないでください。
コメントがある場合はフリートーク掲示板にお願いします。  

妻交換 投稿者:匿名希望 投稿日:12月14日 04時36分

僕と親友夫婦のスワップ体験談です。
僕達夫婦と親友夫婦は同級生でカップルで、結婚してからも10年来の付き合いで、よく一緒に遊んだりしている。
なんでも言い合える仲なので、当然SEXの話題もよく出るが、お互いの妻は同じ病院のもはやベテラン看護婦なので、下ネタなどお手の物です。
 
お互い夫婦の不満は勤務によってスレ違いになりがちだということで、したくても相手が仕事に行っているということでマンネリだった。
そんななかで親友のKが
「相手取り替えてHしてみよ?」
と言い出した。
当然女性陣に却下されたがKも粘り強い熱い語りで
「風俗や浮気されるよりいいだろ」
の押しの一言で半ば強引に相手を交換することになった。
実はKは俺が妻と付き合う前に妻のことを狙っていたのだが、俺に奪われてしまって、妻の紹介で付き合うようになったのが今のカミさん。
さらにKのカミさんはスレンダーな貧乳Aカップで、俺の妻はムッチリEカップで、顔はKのカミさん身体は俺のカミさんといった感じだったので、夏になるとKの視線が妻の胸の谷間に刺さっているのが客観的にもわかっていた。
 
一度目のスワップはお互いの家でそれぞれ妻同士を交換して行ったのだが無難に終わり、確かにいい刺激になった。
そのうち早いペースで2度3度とスワップを繰り返すようになると、お互いの欲求も言い合えるようになり、初めの頃にあった緊張感も無くなっていた。
スワップの後に妻から聞くKとのSEX話もすごく興奮して、妻とのSEXもスワップをする前より刺激的になっていった。
そしてさらに段階は進んでいってKの提案で皆で予定を合わせてスワップ旅行に出かけることになった。
 
温泉旅館に4人で泊まり、ゆっくり温泉に浸かり疲れを癒し、旨い料理を食べて部屋に戻ると布団が敷いてあった。
4人部屋で半洋室の作りだったので、俺とKのカミさんが洋室に行き、ふすまを隔ててKと妻がSEXをはじめた。
ふすまがあるとはいえ声は筒抜けで、初めはお互い静かにしていたが、相手側から漏れる声にお互いに興奮して、挿入した後はもうお構い無しで、むしろ相手に聞かせるつもりだった。
俺はふすま越しに聞こえる妻の声に興奮したせいか、30分もしないでKのカミさんの中にゴム出し。
ゴムをかたしてからKのカミさんとふすまを少し開けてのぞくと、妻がこっちに顔を向けてバックでKに突かれていた。
妻が俺達に気づくと
「いや、ちょっとK、見られてるって」
と言って布団で顔を隠したがKが
「見せつけたるで!」
と言って布団をはぎ取り、妻の上半身を起こして両手で妻の乳を鷲掴みにして、さらに激しく腰を振りだした。
妻は
「いや、恥ずかしい見られてる、でも気持ち良い」
と言って興奮しているようで、Kも調子に乗って
「オラ〜、マンコぶっ壊れるほど突くで〜」
と言って下から妻のマンコを突き上げると、妻は
「いや〜、ホント壊れてまうって」
と言って顔をクシャクシャにしてさらに感じだした。
Kのカミさんも
「うわ、めっちゃ激しいやん、そんなんしてもらった事ないやん、うらわましいわ」
とKに言っていた。
そのうちKが
「オラ、出すぞ〜!思いきり精液ブチ撒けたるわ〜」
と言った。
妻は
「アカン、出したらアカンって!」
と弱弱しい声で抵抗もできずに突かれるままだったので、せめて最後くらいはと思い、俺は笑いながら妻に
「お前の中でKの精液一滴残らず搾り取ったれ!」
っと押されぎみの妻を応援した。
隣でKのカミさんも
「え〜、私の時よりいっぱい出たらショックや」
と笑っていた。
妻が弱弱しく
「・・・ええの?」
と聞いてきたが、その時はまさか後であんなことになるとは知らずに
「ええよ、Kの精液の量が多かったらお前の逆転勝ちや」
と俺が言うとすぐにKが
「出る!お、お、お、膣がえらいチンポに絡み付いてくる、そないされたら射精止まらんって・・・」
と言って出す前とはうって変わって弱弱しくなっていった。
妻はKの射精に合わせてただ
「ん、ん、ん」
と言いながら目をつむってKの精液を体内で受け止めていた。
 
Kの長〜い射精が終わると
「ふ〜っ、あかん・・・俺の負けや、めっちゃ出てもうたわ、そら、この乳揉みながらマンコ締められたら嫌でもめっちゃ出るって」
と言って笑っていた。
Kのカミさんが妻に
「どお?Kの精液多かった?」
と聞くと、妻は少し恥ずかしいような困った顔で
「K、私の中にめっちゃ出したよ、ドクンドクンって勢いよく当たるのわかったから」
と言った後に、なぜかKのカミさんに勝ったような表情をした。
Kが
「どれ抜くで〜、どんだけ出たかな〜?」
と言ってチンポを抜こうとしたので俺とKのカミさんは
「見せて〜」
と言ってKの側によった。
ところがそこで目にしたものはゴムなどしておらず生で中出しをした2人の性器。
俺とKのカミさんは一瞬で青ざめ
「は?なんでゴムしてないの?」
とK達に問いただした。
するとKは
「え?おまえらゴムしてたの?」
と逆に驚いていた。
妻も
「え?危険日以外はいつも生なんじゃないの?」
と驚いていた。
なんだか話しがかみ合わないので整理してみると、俺とKのカミさんはゴム付きが当たり前だと思っていて、Kと妻は危険日以外は生外出しが基本だったらしい。
さすがに中出しは今回が初めてで、俺がゴムしてると思って
「出してもらえ」
って言ったのを聞いて妻はKの精液を中で受け入れる覚悟をしたようだった。
それに出された後にそんなこと言っても後の祭りで、案の定Kがチンポを抜くと妻のマンコからKの白い精液が大量に畳に垂れた。
それを見たKのカミさんが
「私との時はこんなにたくさん出ないのに・・・」
と言ってショックを受けていた。
きっとKが妻の中に出した精液の量が自分の時よりも多くて2人に嫉妬したのだろう。
 
その後はしっかり”スワップはゴム着きで”というルールを決めて今もたまにスワップをしているが、どうも妻の安全日付近になるとKの呼び出しが多く集中し、妻は
「ちゃんとゴムしてるから・・・」
と言うが不安でならない。

 

パーティー 投稿者:Hな夫婦 投稿日:04月03日 23時46分

妻と夕食にいくと誘いだし
お洒落させて、名門ホテルひきました。
スィートルームで あると
上階へいき部屋のベルを押すと、
綺麗な女性がお迎えです。
名前と 参加費払い、部屋には
オードブル、 お酒等あり、
どうぞとのことで、妻と
飲食しておりました。
6組くらいの方々です。
主催者から ゲーム開始の合図で
くじ引きです。
最初は 夫婦間でキスとか、
服の上から 胸触ったり、 ぺに0触ったりでしたが、 だんだん、 他の人と
キスとか、 服を脱ぐとかになってきて、
妻はびっくり、しかし周りの女性は
大喜びです。
妻も 他の男性とキスや 服の上から
胸触られたり、 ぺに0触ったり
雰囲気になれてきました。
もう 上は ブラジャーだけの
女性もいます。
男性も パンツだけ。
私も 上は裸、 妻ももう一回で
上は ブラジャーだけです。
そこで 主催者の女性(上はブラだけです。)から 順番に シャワーをどうぞと、 バスガウンは 用意してあるそうです。
何組目かに シャワーで 二人になり、
妻のあそこさわると もうびしょびしょです。
シャワーで綺麗にして、ガウン着て
でますと、 一人の女性はすけすけの
自前のキャミソール、 ブラもパンティーもつけていません。
ご主人がその奥様のあそこに指入れています。もうあえぎ声です。
すべての方がシャワー終わり、
隣に 同年代の ご夫婦がいいですかと
座り、奥様へ 愛撫開始されました。
女性も男性も 下着はつけていないようで、私たちだけ 下着つけています。
私も 妻に ブラ脱がせて パンティーも
脱がせて 愛撫開始です。
もう 全裸に近いご夫婦もいます。
妻も ガウン腰くらいまで脱がせて
クンニしているときに全裸にしました。
おとなりの 男性が
いいでしょうかとのお声けけです。
交換いいですかのことだと思い、
妻に伝えると 少しだけならと。
場所変わると 胸 秘部愛撫されて、
クンニもされています。
奥様にもおなじように 愛撫していると
男性から 入れても大丈夫ですかとの声
はいとしかいえません。
妻は 感じてあえいでいます。
男性が ゴムをつけて
妻を上に載せて挿入。
奥様も 私にゴムつけて 上ののられて
挿入です。
となりでは 妻が喘ぎ声、
上でも奥様が 腰動かして喘ぎ声
別世界です。
どれくらい時間たたでしょうか?
別の ご夫婦に 寝室へ誘われました。
ベットで SW開始です。
今度は 妻は 四つん這いで バックから
クンニされて 挿入です。
私は正常位で挿入。
先ほどの奥様より 締まりがいいようで
気持ちがよくなり 射精しそうですが、
がまんして 騎乗位に変化して
女性は腰を振って逝かれたようです。
妻も何回も逝かされたようです。
二人で ひっついて 見学していると、
女性が 大声で逝く逝くと
いいながら、 潮ふいています。
妻もびっくりして二人顔あわせて、
妻に挿入したら、 ものすごい濡れ方です。
妻も入れた途端から いつもよりおおきな喘ぎ声だします。
逝く逝くといってすぐに逝きます。
相当な興奮状態で、身体が感じまくるようです。
時間おいて、別のご夫婦から
お誘いです。
最終的には 5組の方々をSWいたしました。
今月もあるよで、お誘いうけていますので、参加いたします。
妻も 刺激ありいい方々ばかりで
楽しかったといっております。

 

3Pしました。 投稿者:他人棒 投稿日:09月29日 23時25分

妻と3Pしました。
妻が 他人棒に あえぎ声だされて、
逝かされる姿ものすごく 興奮しました。
妻も 満足したようです。
よい 男性をお会いできて感謝です。

 

熟年の3P 投稿者:熟年青年 投稿日:08月16日 07時20分

今年還暦になりました。この年齢で経験していない3P
を試してみたくて、気長にお相手を捜しました。
年齢が年齢なので、なかなかメッセ維持を出しても
話が進まず、あきらめかけていた時にお誘いメールが。
 
熟年カップルのお二人からです。自己紹介を交換して
気に入っていただけたようで平日の昼にシティーホテル
のデイタイムサービスを利用してお会いする事になりま
した。
 
当日、約束の時間に待ち合わせ場所に行くとメールが
入り、ホテルとルームナンバーが書いてありました。
ロビーを抜けてエレベータに行くまで、フロントに
監視されているような気がしてドキドキでした。
部屋の前についてノックすると中からご主人が顔を
出しました。ご挨拶をして中に入ると奥様が、お酒と
つまみの用意をしながら、『こんにちは』と声をかけ
てくださいました。
 
数十分自己紹介や、経験談をお聞きして、シャワーを
浴びる事に。
 
旦那さんが先にシャワーを浴びに行きました。
奥様と二人きりになるといっぺんに緊張してきました。
奥様は、私の緊張した動きがおかしかったのか、クスッ
っと笑い、『今日は楽しみですね』と声をかけてくれ
ました。旦那さんがシャワーから出てきて、『交代
しましょう』というので、私がバスルームに向かいま
した。すると奥様に『一緒に入って背中でも流して
さしあげたら』と言っています。初対面でまさかと
おもい一人で入っていると『ご一緒していいですか』
と奥様が入ってきました。
 
部屋で脱いだようで、色白できれいな肌と薄く張り付く
ような陰毛が目に入りました。どぎまぎしていると私の
後ろの方に入ってきて、背中をてで洗ってくれました。
そして、尻から足、腕に至るまで順番に石けんを泡立て
ながら洗ってくれます。若い時のようにびんびんになっ
っていました。前で見られなくて良かったと思った時、
知りの下から手が滑り込んで玉と竿を丁寧にしごいて
洗ってくれました。気持ちよさマックス。『おおきい
素敵!』とお世辞でしょうがいってくれ、反転させられ
ました。
 
立ったままのあそこが照れくさくて、ただ呆然とたって
いると胸から足まできれいにしてくれて、泡立った股間
にシャワーをかけ、口に含んでくれました。ねっとりと
したフェラは、風俗女よりもうまく、思わず出しそうに
なり腰を引いてしまいました。するとお尻を押さえ、
のどの奥に含みます。顔を赤くさせながら、長い事奥に
含んでくれます。思わず頭を抑えて腰を前にせり出し
てしまいました。ちょっと苦しそうにして、口から
だし、にっこり笑います。かわいい笑顔にドキドキ。
 
『ちょっといいですか』というと壁に手をついて尻を
突き出します。私は、形のいい尻を両手で広げながら
・奄゚て見るあそこを自分のものでこすりながら、左右に
ひだが広がるのを楽しんでいました。しっかり、ぬれて
います。少しずつ腰を前にずらすとツルッという感じ
で、飲み込まれて行きました。若い人にはない、柔ら
かく、まとわりつくような中を楽しみながら、腰を打
ち付け続けました。『あ〜〜いい〜〜』と甘い大きめ
の声で喘ぎだし、旦那さんの事を急に思い出し、
『そろそろ出ないと旦那さんが待っていますよ』と
いって抜きました。
 
二人して出た時にだんなさんのにた〜とした顔が
何ともいえなくて、照れくさかったです。『二人で
楽しみ過ぎですよ』と言われ、奥さんは肩をちょこっと
あげてにっこりしています。
 
このあと3Pの初体験です。

 

クロッキーモデル挑戦 投稿者:美由紀 投稿日:08月01日 05時51分

クロッキーモデルに7兆銭したときのお話をします。

 

とりあえずスワッピングは出来たのですが 投稿者:スワッピング6年目  投稿日:05月09日 15時02分

スワッピング歴6年になる、私41歳、妻45歳の夫婦です。
みなさん貴重な経験しているようですが、私達も少し変わったスワッピングに参加したことがあります。
3年前になりますが、開催の日が募集期間の1か月後で、某県南部の旅館を自費で予約できる夫婦でした。
おもしろそうだと思い参加の申し込みをすると、
湯治で利用する方が多い旅館で、集合場所が、室内混浴風呂に夜10時、
参加者は性器を隠さない、となっていました。
当日の夕方、旅館に着くと、御夫婦が何組か居ましたが、誰が主催者で誰が参加者か全くわかりません。
夜10時に風呂に行くと、同年か、少し年上程の2組の御夫婦がいました。
もしかすると一般の方がいるかもしれないと思いましたが、2人共性器を隠さず洗い場に行き、
とりあえず体にお湯をかけると、2人共性器を隠さずに湯船に入りました。
湯船の淵に御夫婦が性器を隠さず座っていたので、私達もいったん湯船の淵に座ると、
「これで3組ですね。」と言われました。
話を聞くと、2組の御夫婦も参加者でした。
男3人、他人の奥様を見て、すでに勃起しています。
一般の方もいないので、3組で始めようと、それぞれ女性を交換し、洗い場で体を洗いました。
無理な態勢でのセックスは出来ませんでしたが、お互い挿入前に確認したところ、
女性3人、膣内射精でも大丈夫なので、3人共、自分の御主人とは違う精液を受け入れました。
スワッピングが終わっても、主催者が現れず、その場を後にし、他の御夫婦の部屋が一番広いので、
再度スワッピングを楽しみました。
翌朝、朝食の時に3組の夫婦で一緒に食事をしたのですが、
みんなで、「今回の企画は、いったい何だったんだろう。」と言っていました。

 

初めての貸し出し3P(完) 投稿者:明日はどおっちだ 投稿日:03月31日 02時32分

それから暫く3人でベッドに横になり(妻を真ん中に)Jさんが妻の背中から抱きつきながら妻の
過去の経験の聞き取りを始めたのでした。
彼は妻の下半身を触りながらそれを聞いていました。
 
聞き取りながらでも後ろからいきなりファックするJさん。
正常に変えローターを使いながらファック。
喘ぎながら『気持いい、いっちゃう』を連発する妻。
 
いよいよダブル生だしの時がきました。
Jさんが彼に合図して『ここ(生だし)撮るんだよね?』、彼が頷き。
Jさんの腰の動きが激しくなり妻に『いくよ!』妻『いいよ』。
Jさんの腰がとまり、お稲荷さんの付け根がピクッピクッを連続させています。
Jさんがペニスを抜き取ると一週間貯めておいた白濁のカルピスが妻のオ○ンコから流れ出て来
ました。
彼がすかさずデジカメでそれを撮り終えると、自分の既に固くなっているペニスを挿入しました。
そして、やはり一分もしないうちに妻の中に発射したのでした。
流れ出てきた量は、二人が一週間我慢した量だったとのことで大量でした。
 
最後に妻がビデオカメラに向かって『こんなにいっぱいエッチしちゃった。』
『こんなに気持ちいい思いしちゃってごめんね。』
『貴方愛してる!』
と言わされているのですが、本当にいっぱいエッチしていました。
 
妻がどんどん変わって行きます。貴方だけでいいと言っていた妻が!
 
行数や時間の制限に気づかず投稿に失敗し続け
時間がかかってしまいました。

 

初めての貸し出し3P(続き2) 投稿者:明日はどおっちだ 投稿日:03月31日 02時26分

いよいよベッドでJさんに挿入されます。
彼の前でパイパンのオ○ンコに正常位で挿入されました。
彼が手持ちのビデオで挿入されて間もない妻の顔をアップで撮しています。
目をつぶりながらJさんの腰の動きに口からは喘ぎ声が漏れ始めました。
カメラが二人の結合部分をアップで映し出しています。
ペニスの出し入れと妻の喘ぎ声が連動しています。
 
2年前までは、私の物だけが出は入りしていた妻のオ○ンコに、今日初めて
会ったJさんのペニスが突き刺さっています。
側面からの映像では彼の腰の動きに合わせ色白の胸の上で乳房も一緒に揺
れ動いて、Jさんの『気持ちいい?』の問いに『気持ちいい』の連発を発しています。
 
前にスワップした相手の男性は2,3分もしないうちに発射しそうになり、我慢した
途端に萎えてしまい続行不可能となりましたが、Jさんは違うようです。
この道10年以上の猛者のようです。
 
妻のオ○ンコから一旦抜き取ると、指マンを始めたのです。
Jさんの2本の指でかき回され喘いでいると、妻が『おしっこが出そう!やめて!』と叫
び始めましたが、Jさんは更に激しくかき回してついに妻のオ○ンコから潮が吹き出し
始めたのです。
生まれて初めて妻のオ○ンコから出てきたものがベッドの広範囲をびしょびしょにして
しまいました。
Jさんがすかさず妻の両足を自分の肩に掛けて真上から打ち込むように激しくペニスを
出し入れし始め、休む暇もなく喘ぎ始めました。
激しいファックです。
今までのどの男性より激しく長く妻のオ○ンコに打ち付けています。
しばらくして、2度目の指マンでまた潮を吹かされてベッドを洪水にしています。
 
やっと彼の出番です。
カメラを交代して彼にファラから始まりました。
彼も我慢できなかったようで直ぐに正常位で挿入して来ました。
入れた瞬間妻の声ではなく彼が『ああ〜っ!』と喘いでいました。
気持ちよかったのでしょう、Jさんがグジョグジョに濡らし潮まで吹かせておいた妻のオ○
ンコが。
 
二人は抱き合いながら腰を振りキスをしています。
恋人同士のように映っています。
妻の両手は彼のお尻に添えていて逃がしたくないかのように見えます。
一分もしないくらいで彼がいきそうになると、今日最初の生だしはJさんにとの考えから
抜いてしまいました。
 
そして、Jさんの物をファラして大きくするとJさんが妻を横にして背中から抱きつきバック
から挿入、彼が妻の顔の前に物を出してファラをさせ始めました。
Jさんが激しくファックし妻は彼の物を離すまいとファラし続け喘ぐ声が妻の鼻から漏れて
聞こえます。
 
次にJさんが下になり妻が上で騎乗位で挿入となり、妻の肉好きのいい尻がJさんの股間
の上でグラインドし始めたのです。
『気持ちいい』を連発しています。
正面座位の体位に変わりJさん上下運動が激しくなると妻が『もう駄目!』と耐えられないと
叫ぶくらい感じてきていってしまったようです。
 

 

初めての貸し出し3P(続き) 投稿者:明日はどおっちだ 投稿日:02月10日 01時27分

バスルームでの慣らしが終わりベッドルームに移動して来ました。
妻を真ん中に二人の男性が挟むように横たわりいよいよ3Pの始まりです。
まずはビデオカメラを固定してベッドのやや斜め下の方からのアングルで、妻のパイパンもよく見える位置になっています。
Jさんが向かって左側へ彼が右にと横たわり仰向けになった妻を二人で愛撫し始めたのです。
二人で胸を揉み始めJさんは妻の顔の方へ彼は妻のアワビの方の愛撫に分かれて行きました。
妻が喘ぎ始めました・B
Jさんとキスをし下では彼がクリをいじっています。
気持ちよさそうに喘ぎながらJさんの竿をしごき、クリへの刺激を喜んでいるようです。
次にJさんがクンニに移り妻を攻め始めました。
彼はビデオカメラを手持ちに変え、Jさんのクンニのアップを撮し始めました。
妻の喘ぐ顔もアップで撮っています。
3Pの醍醐味はカメラやビデオのアングルが自由になることで、妻の色っぽい表情をアップで撮れることです。
次に彼がビデオカメラを手持ちのまま自分のペニスを喘いでいる妻の口元へ差し出したのです。
クンニされて喘いでいても彼のペニスが近づくと美味しそうに口に頬張り始めたのです。
妻の口に出し入れされ、時には美味しそうにペロペロする小さめの可愛い舌が動いています。
Jさんはクンニで感じさせフェラなど出来ないようにしているかのように攻めています。
妻は彼の美味しいものを離すまいとフェラし続けている様にも見えます。
それでも、クンニの気持ちよさには勝てずに時々口から美味しいものを離し喘いでいる妻のアップがとても色っぽく見えます。
また、クンニされて感じている妻の様子をアングルを変えながら彼が撮り続けています。
そして、妻がいったようです。
それから、彼と妻のシックスナインに移り彼が上に妻が下になり始まりました。
今度はJさんが手持ちでビデオカメラを持ち妻のアップを撮っています。
妻は彼のお稲荷さんから伸びているように見えるペニスを握りながら、咥えてとろんとした表情で出し入れしています。
Jさんからの『美味しい?』との問に『美味しい最高、旦那のより美味しい』と答えています。
2年前までは貴方のだけで十分と言っていた妻が、他のペニスを味わってしまうとこうも変わるのか!
あの妻が変わってしまった。
次に、妻を座らせて二人が立ち2本でのフェラ合戦が始まりました。
Jさんのを咥え彼のを手でしごきながら初めてにしては上手にしているようです。
次は彼のを美味しそうに咥え始めて、Jさんの時とはやはり違うように見えます。
やっと、出来るかのように(いつものはこれだ!)見えるのは考えすぎでしょうか。
Jさんのを咥えていて彼が次に移ろうと離れようとした時、彼を引き寄せ咥えなおす仕草は可愛いものです。
やはり、彼が好きなのでしょう。
自分(夫)のことなど忘れて3Pに没頭して感じている妻を見て、冷静に興奮しなが・迪ゥているいる自分がいます。
Jさんが妻を寝かせ枕を整えています。
いよいよ挿入に行くようです。
AVビデオを見ているようです。
五十路AVビデオ初出演かのようです。
(実際も記念になるからと勧めているのですが)
 
また続きます。
 

 

初めての貸し出し3P 投稿者:明日はどおっちだ 投稿日:01月29日 03時59分

昨年の秋、妻を貸し出しをしている彼に『そのうちに3Pでもしてみては如何でしょうか』とメール
したところ、望んでいたのでしょうか3日後には日付やホテルともう一人の単独男性のセッティングまで完了
した旨のメールが届きました。
 
当日、妻はいそいそと電車に乗り都心のシティホテルへと向かいました。
 
後日送られてきたビデオには、ベッドに妻だけが丸裸で彼と今日初めて会った単独の男性(以後はJさん)
がパイパンのアワビを吟味しているところから始まっていました。
 
恥ずかしそうにもアワビを指で触られながら
剃り具合いの問答を3人でして、時々ビデオに目線をやる妻
がいました。
『もう濡れているよ』とJさんが言うと。
『彼の顔を見ただけで濡れちゃうの、旦那ではなかなか濡れないのに』などと言っています。
もう、新鮮さ若さイケ面の彼には適わないことなど分かっていますが、ちょっと悔しいですね。
 
次に妻の放尿シーンです(が彼は興味があるようですが私は特にないのでカットします)。
 
次がバスルームで妻とJさんとのツーショットシーンです。
シャワーを出しながらボディソープが付いている妻をバックから抱きしめ、身体中をまさぐっています。
たわいも無い話をしながら声がやんだところでキスを始めました。
今日初めて会ったJさんと素っ裸でバスタブの中で口を吸い合っています。
 
何てエッチなシーンでしょう。
2年前の妻には想像も出来ないシーンです。
 
また話し声が聞こえて来ました。
Jさん『あそこが濡れているね、彼ともうしちゃったんだね?』
妻『えっ!どうして分かるの?』
Jさん『あそこが彼の形になっているから』
妻『本当に?』
Jさん『僕も入れるよ!』
妻『ええ』
 
Jさんが腰を妻の尻に押し付けた瞬間妻の息が止まり『うっ!』と表情もにこやかな表情から一瞬険しい顔に
なりましたが、Jさんの腰がリ・Yムよく動き始めてすぐに妻の口から吐息が漏れ始め、喘ぎ声に変わって行きました。
『はあ、はあ、ああっ、ああああっうっあ〜っ』
気持ちよさそうに喘いでいます。
 
妻の喘いでいる表情がたまりません!
至福の境地ですね。
 
続きはまた。
 

 

 

掲示板SP Ver.2.68(C)HPサービス